山田歯科医院

診療内容 補綴

歯の欠けた部分や、無くなった所を修復する治療行為を補綴(ほてつ)治療といいます。インプラント治療も、インレーやクラウン、ブリッジ、部分入れ歯、総入れ歯もすべて補綴治療に内包されます。ちなみに、この治療は私の専門分野です。

歯を修復する(治す)方法は、大きく分けると以下のようになります。

歯の状態 考えられる治療法
歯の一部が欠けた時 ・・・インレー
歯全体に被せる ・・・クラウン
歯が1本~数本無くなった時 ・・・ブリッジ、部分入れ歯、インプラント
数本歯が残っているか、全く無い場合 ・・・部分入れ歯、総入れ歯、インプラント
補綴は上記のパターンを組み合わせて、口の中の状態を改善し、快適に噛め、話せるように、なおかつ見た目も改善して行く治療方法です。

歯科治療において、最終的に必ず必要となる工程であり、この最終工程(設計を含め)の良し悪しが、その後の患者さんのQOL(生活の質)をかなりの割合で左右します。

では、どうやっていくつかある選択肢の中から最適な治療方針を決めるか。

山田歯科医院では、いくつかの選択肢をまず提示し、対話を重ねながら患者さんのニーズを最も満たすであろう最適な治療方針を決定いたします。

補綴治療と一口に言っても、治療総額は数千円~200万円程度とまさにぴんきりです。ある人は、少々値が張ったとしても、何十年も使える補綴物を選ぶかもしれません。一方、多少質が落ちても安いものを選ぶ、という患者さんもいらっしゃいます。

医療費にどれだけの金額をかけられるかは家庭の事情もあるでしょう。きちんとした治療を受けたいけれど、家庭の事情を鑑みると金銭的に難しいということも往々にしてあります。加えて、美味しく食べられることや、補綴物のフィット感といった「目に見えない感覚的な代物」に対して、それなりの代価を支払う価値がそもそもあるのか否か。その問いに対する答えは、まさに各人の価値観によって変わってくると思います。

一概にどの選択肢がもっとも優れている、と頭から決め付けることはいたしません。患者さんの価値観を尊重し、より良い医療を提供する事が私の仕事です。

補綴治療においては、どのような素材を使用するのか、という点は治療の善し悪しを決める重要な要素の一つです。(金なのか、銀なのか、セラミックなのか、など)

廉価な材料を使うと、どうしても歯に装着したときのフィット感が悪かったり、金属の味がして食事がおいしく感じられなかったり、相対的に虫歯になりやすかったりします。 また、耐用年数という観点から考えると、廉価な材料を使用した補綴物は確かに治療費は安いのですが、なんだかんだですぐ欠けたり、割れたり、壊れたりと、何かとメンテナンスが必要になる場合が多く、再び治療をやり直すはめになったりして、結局は回数もかかるし、治療費も高くつくこともままあります。
上に戻る

この補綴治療は、患者さんの口腔内の状況を総合的に判断したうえで、院長がいくつかの治療法を提案し、その選択肢の中から一つを選んでもらう、というスタイルになります。治療費の概算や、治療期間などは選択する治療によってまちまちです。

補綴治療は、当医院にいらしていただいてから治療方針その他を決定するため、

どの程度の治療費がかかるのか
治療期間および治療回数はどのぐらいか
見た目はどうか
などといった、患者さんにとってもっとも気になるであろう内容については、どうしても来院していただかないことには正確には回答しかねる部分が多々あります。

逆に言えば、一度来院していただければ数ある選択肢の中から、最適な治療方針を選択するお手伝いが可能です。

一概にどの選択肢が正しい、ということはありません。誰にとっても正解となる治療は存在しません。ある人にとって最適の治療が、他の人にとっても優れている、という保証はどこにもありません。補綴治療の難しさは、まさにそこにあるのです。

治療に関する相談などございましたら、お気軽にご相談くだされば幸いです。

上に戻る